現金化はいざというときに

書類にサインする

クレカの現金化で求められるのはやはり換金率ですが、相場は区々です。需要によってどうしても変動します。例えばクレカ現金化の定番ともいえる金券の場合、金券ショップでの買取額は95%から97%辺りで安定していますが、肝心の金券の方が状況によって高くなってしまうのです。業者としても、売れる物は高く売りたいと思っていますので、需要が多いようであれば値段を高めます。金券をショッピング枠で購入出来る業者としても、わざわざ額面通りに売るくらいであれば自分で金券ショップに持って行った方が良いのです。それらを考えると、ある程度高くなるのは、いわば現金化のための手数料代わりと思っておくくらいが良いのかもしれません。

クレカの現金化に関しては、これからより厳しいものになっていくであろうと言われています。やはりかなりグレーゾーンにありますので、仮にですが過払い返還のように何かしらの問題として取り上げられるようになってしまったら、問題が一気に飛び火して多くの人が関心を抱くようになり、社会問題になってクレカの現金化が今のような暗黙の了解ではなく、ルールとして禁止される可能性もあります。それらを考えると、実行するのであれば早い段階で行っておいた方が良いのです。禁止になってからではどれだけ頑張ってもどうにもなりません。「あの時やっておけばよかった」と思った所で後の祭りでしかありませんので、そのような事にならないよう、気を付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加