どのように利用するか

コードを読み取る

実はクレジットカード現金化の歴史は長く、総量規制に合わせて始まったジャンルなのではと思っている人も多いようですが、実際には昔からありました。昔は総量規制がありませんでしたから、そこまで重要視はされていませんでした。クレジットカード現金化よりもキャッシングした方が早い。確かにこれも一理あるのですが、総量規制が始まると、どうしても現金をとのニーズに応える唯一の方法として、クレジットカード現金化が再び脚光を集めるようになっていったのです。電化製品の換金もありましたし、ブランドバッグ等を購入して換金するタイプもあれば、近年主流となっているのは商品券や金券です。このように、様々な形で移ろうのもクレジットカード現金化の特徴なのかもしれません。

今後はクレジットカード現金化がどのようになっていくのか、様々な意見があります。多重債務などのように、厳罰化すべきなのではないかとの声があるのも事実ですが、そもそもクレジットカード現金化は、ショッピング枠で購入した物を販売しているだけです。いくらでも抜け道があるのも事実です。法の盲点を突いているのであって、これを違法だと言われると、では返品が出来ないのかという話になりますし、もはや個人売買にまで法律が介入するのかという話になってきますが、つまりは予断を許さないという事です。どのような形になるのかはまだまだ分かりませんが、話が進む時には一気に進みますので、その手の情報に関してはアンテナを張っておくべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加